贅と粋を感じさせる、総ケヤキ造りの佇まい

施設案内

MORE

施設案内

古き良き雰囲気と、現代風のアレンジ

1786年創業の本館藤三旅館の下広間をリニューアルオープン。古き良き雰囲気と、現代風のアレンジを加えた「ラウンジ藤時 fu ji」。手つかずの自然と、豊沢川との距離感は古くからここにある藤三旅館だからこそ味わえる贅沢な空間です。




ラウンジ藤時 fu ji

川のせせらぎや鳥のさえずりが楽しめる、現在では建築する事が困難な清流「豊沢川」に迫り出すように建設されたロケーション。

移り行く季節を身近に体感しながら、落ち着いた和モダンの内装とパノラマに広がる大自然の景観のある空間を、ゆっくりとお過ごしいただけます。ドリンクサービスやお菓子などを15時~18時の間は1500円でお愉しみいただけます。
18時~21時は有料のバータイムとなります。
「白猿の湯」「桂の湯」の2つと「白糸の湯」「銀の湯」のちょうど間に位置しているので、温泉をゆっくりまんべんなく楽しみたい方はお風呂の合間の休憩場所としてもお使いいただけます。

昼と夜では違う顔を見せる「ラウンジ藤時 fu ji」。運がよければ初夏には、ついつい見とれてしまうようなふわりとした灯火をもつ蛍がみえるかも。
落ち着いた和モダンな内装の空間でソファや椅子に腰掛けながらアルコール片手に大切な人とゆっくり過ごしのもよいでしょう。
川のせせらぎと鈴虫の声だけが聞こえる場所だからこそ、無言でも何時間でも過ごしたくなる、そんな特別な空間を演出してくれます。

大広間

開放感たっぷりの大広間は80畳の広さです。ご休憩やご宴会にご利用いただけます。

ロビー

豊沢川のせせらぎに耳をかたむけ、対面の木々を眺めながらしばしゆったりとおくつろぎください。
喫煙室はロビーすぐ横にございます。

寛ぎ処

まるでタイムスリップしたかのような、建築当時の風情を残した造りとなっています。
周辺の見どころのパンフレットなどをご用意しています。

エレベーター

足腰の弱い方でも2・3階のお部屋をご利用することができるよう、エレベーターがございます。

エレベーターの外装および内装は宮沢賢治の作品『銀河鉄道の夜』や花巻の郷土芸能『鹿踊り』など岩手に関するイラスト・写真で飾られています。
第44回岩手広告賞のグラフィックの部で企画賞を受賞した、ユニークな作品となっております。