緩やかな時を描き、上質な湯が流れる静かな空間

温泉・日帰り温泉

選ばれし名湯

数々の名湯に選ばれし湯の真髄を味わう。

藤三旅館の真下から溢れる、その湯は「新日本百名湯」「日本温泉遺産」に選ばれるほどの上質な湯です。
有名といわれる温泉地でさえも滅多にない源泉5本を有し、館内全4浴場すべて「源泉100%掛流し」と贅を極めた湯に浸かることができますことができます。
シャワーからでてくる湯までもが源泉を使用。「源泉100%」の真髄はここ、藤三旅館だからこそ味わうことができます。

泉質・泉温

単純温泉・アルカリ性単純高温泉、湯量豊富、57度
※加熱や循環・差し水などを一切していない掛け流しの100%天然温泉です。

効能

神経痛、リウマチ、胃腸病、筋肉痛、関節痛、皮膚病、神経性疾患、婦人病、糖尿病、肥満、じ疾、小児疾患、循環器疾患、呼吸器疾患、病後保養等。

温泉

その歴史600年超。大地から溢れ続けるその湯が、人々の心を満たし続ける。

宮沢賢治が執筆した童話「なめとの山の熊」の中にも、「腹の痛いのにも利けば傷も治る。鉛の湯・・」と謳われている当館・藤三旅館。宮沢賢治が愛した宿とうたわれている宿は他にもございますが、作品に登場する宿は当館が唯一。
その宮沢賢治をも魅了した温泉としての歴史は600年前に始まり、旅館としても230年以上の歴史を誇ります。
「鉛温泉」は、わずか1%しか存在しないと言われる「完全源泉かけ流しの温泉」。
「温泉遺産」「新日本百名湯」「日本百名湯」に選定されている、まさに本物の温泉。
その風格ある総けやきづくりの建物から漂う香りと共に、4つの浴場をご自由にご利用いただけます。

歴史の情緒あふれる本館
藤三旅館の4浴場でも温泉三昧

温泉としては600年以上、温泉旅館としても230年以上の歴史を誇る鉛温泉・藤三旅館。
その風格ある総けやきづくりの建物内の4つの浴場もご自由にご利用いただけます。
もちろん、すべて源泉100%かけ流しの温泉です。
十三月と藤三旅館は屋内の扉一つでつながっていますので、何度でもお気軽に。

白猿の湯

鉛温泉発祥の伝説に登場する「白猿」の名をつけられた、歴史のあるお風呂です。湯船の深さが平均1.25mもある立居浴専用の温泉です。

その魅力は、見た目のインパクトもさることながら温泉通にはたまらない「ある」魅力があります。
通常、源泉かけ流しの温泉でも源泉湧いている場所からポンプを使いお風呂まで運ぶのが普通ですが、この白猿の湯は読んで字のごとく「その場所」に温泉が湧いています。ポンプで送ることによって、通常お湯は酸素に触れ、酸化して成分が変わってしまいますが、この白猿の湯では大地から送られてき恵みを、そのまま全身で味わうという贅沢を楽しめます。

天然の岩を「湯量が豊富なこの温泉で贅沢に楽しんでいただきたい。」そんな一心で、人力で掘って造った湯船です。

■混浴
以下の時間帯は女性専用となります
(6:00~7:00、14:00~15:00、19:30~21:00)
※金曜10:00~14:00は清掃のため利用できません

桂の湯

対岸の深緑の染まった木々を愉しむことができる大きな窓のある内湯。大自然を目前にしながら、地下から湧き出る自然の湯に浸かる時間はまさに至極の贅沢。
外にでれば、露天風呂からは渓流のせせらぎが聞こえ、鈴虫の音色を聞きながら、心と体を完全にリラックスさせることがきます。
川岸にもう一つ設けた露天風呂では自然の一部になったかのような感覚に。
シャワーからでてくるお湯までもが、源泉100%なのは藤三旅館だからこそ。どこまでも本物の源泉を愉しめる、そんな贅沢をここでは満喫できます。

■男女別にご用意しております

白糸の湯

展望半露天風呂の窓から望むのは白糸のごとく岩肌をつたって豊沢川に注ぐ「白糸の滝」。
まるで絵画のような景色は圧巻の一言に尽きます。
全開にした窓からは四季によって趣が異なる自然の風景を眺めて名湯に浸れます。

以下の時間帯は女性専用となります
(6:00~10:00、15:00~21:00)
以下の時間帯は男性専用となります
(10:00~15:00、21:00~6:00)

銀の湯

ご家族・カップルで貸切きることのできる、プライベートな空間が自慢のお風呂です。
こじんまりとし、夏には深緑の木々、秋には紅葉で染まった眺望を愛でることのできる空間でゆったりとくつろげます。
バリアフリーにも配慮し、段差を少なくして脱衣所には床暖房を採用していますのでどなた様でもご安心してご利用いただけます。
15時~21時の時間帯は、貸切風呂としてご利用いただけます(6組様限定/各50分/先着順)。

以下の時間は貸切の時間帯となります
(15:00~21:00)
以下の時間帯は女性専用となります
(10:00~15:00、21:00~6:00)
以下の時間帯は男性専用となります
(6:00~10:00)

入浴時間のご案内

当館では、温泉を満喫して頂くために、女性専用時間や貸切専用時間を設けております。
・「白猿の湯」は元来混浴となっておりますが、女性の方でもご安心して入浴して頂ける様、女性専用時間帯をもうけております。
・「白糸の湯」「銀の湯」は時間帯によって男性専用・女性専用に入れ替わります。
・「銀の湯」は貸切専用時間帯を設けておりますので、是非ご家族やお連れ様と心置きなく温泉をお愉しみ下さい。


※本館へお出になる際は館内履きスリッパをご利用ください(上履きでのご入場はご遠慮下さい)
カードキー及びタオル・バスタオルをお持ちください。(大浴場にタオルのご準備はありません)

湯守のいる湯

湯守とは、温泉の管理人のこと。江戸時代からの伝統職で、熟練の職人技をもって、お湯を守ります。
全国でわずか1%の「完全源泉かけ流し」を誇る当温泉では、沸かさず、薄めず、循環させずとも、皆様に適温の温泉をお愉しみいただけるように、湯守がいて管理をしています。


選ばれし名湯・鉛温泉

温泉遺産

古くからの温泉利用文化を残し、源泉の利用を追求している温泉、および施設として、日本温泉遺産を守る会によって選定されました。

新日本百名湯

全国の温泉を自ら踏破し、温泉の歴史、効能、宿などにも詳しい温泉教授・松田忠徳先生の最新本にて全国百名湯として選定されました。

日本百名湯

日本経済新聞にて連載されていた企画にて選定されました。

源泉100%掛流し、館内全4浴場が入浴できます

鉛温泉・藤三旅館では、ご宿泊以外のお客様にも温泉を楽しんでいただけるよう、日帰り入浴のご利用も歓迎しております。
無料の休憩所などもご用意しておりますし、食事処でのお食事や個室のお部屋も別料金にてお引き受けいたします。

日帰り温泉

料金・営業時間
日帰り料金:大人700円 こども500円
日帰り営業時間:7:00~21:00 受付は20:00まで



入浴可能なお風呂館内全4浴場。
※「白猿の湯」「白糸の湯」「銀の湯」は、温泉を満喫していただくために、女性専用時間帯や貸切時間を設けております。(詳しくはこちら
販売フェイスタオル(有料)
洗面用具等は、売店にて取り扱っております。
休憩場所湯上がり処、ロビー、寛ぎ処
※個室をご利用の方はお声がけください(有料)
お食事処「灯」入浴のお客様への食事処として営業しております。
モダンな中での御食事などいかがでしょうか。
団体利用グループや団体でのご利用も承っております。
詳しくは当館までご相談ください。

湯上り処

白猿の湯のそばにある湯上り処です。
温泉の神様をまつっています。

マッサージチェアなどを設置してありますのでごゆっくりおくつろぎください。